飲食業界の転職は自己分析からはじめよう!3ステップで自分を知る方法

飲食業界で働いているひとの自己分析の方法
この記事をシェアする

一般の就職・転職活動で必要とされている「自己分析」は、実は飲食業界の転職活動にも大いに役立ちます。

転職活動をする中で「書類や面接がなかなか通過しない」「口下手なので面接で困ってしまう」「自分にはアピールできるところが見つからない」と悩んでいるなら、それは「自己分析」をすることで解決出来るかもしれません。

この記事では、転職活動で自分について説明するための「自己分析」の方法を解説します。

なぜ自己分析が必要なのか

自己分析をする理由は、履歴書と職務経歴書が書きやすくなったり、面接での受け答えがしやすくなったりするからです。

「自己分析」は転職活動をスムーズに行うために欠かせないものです。

採用担当者は、履歴書や職務経歴書などに書かれた内容だけでなく、あなたの人柄や仕事への姿勢も見られています。

自分の人柄や特徴についてアピールをするためには「自己分析」をしておくといいでしょう。

以下の3ステップで自己分析をして、今までのキャリアや自分の特徴を整理してみましょう。

①キャリアの棚卸しをする
②長所・短所・特徴を書き出す
③経験から学んだことを説明する

自分について言葉で説明することが苦手なひとは、自己分析をしましょう。

誰でも簡単!自己分析の3ステップ

キャリアの棚卸し
転職活動をスタートさせるために、3つのステップで自己分析を進めましょう。

①キャリアの棚卸しをする

「キャリアの棚卸し」とは、これまでの仕事の経歴を振り返って、そこから得た知識や経験や技術などを書き出してみることです。

仕事で感じたことや得たものの積み重ねこそが、あなたのキャリアです。

紙とペンを用意して、自分のやってきたことを「時期」「所属」「仕事内容」を振り返って、書き出してみましょう。

そして、その時に「工夫したこと」「嬉しかった仕事」「辛かった経験」「学んだこと」「身についたこと」「大事にしていたこと」「やりがいを感じたこと」「こだわっていたこと」も追記していきます。

また、表彰された経験や誰かに褒められたこと、資格の取得などがあれば、それも書き入れましょう。

最初に入った店に4年、次のお店には2年いました。最初の店の料理長はとにかく厳しいひとだったんですけど、いろいろやらせてくれました。キツかったけど得たものは多いかも。こうやって自分の経歴を書いて振り返ってみると、いろいろ思い出しますね。

キャリアの棚卸しをしておけば、履歴書や職務経歴書を書きやすくなります。

具体的な書き方は以下の記事をチェックしてみましょう。

>>>飲食店に採用される!履歴書の書き方

②長所・短所を書き出す

次のステップでは、自分の「長所・短所」を紙に書いて明らかにしてみましょう。

自分について把握することは面接の対策にもなります。自分ひとりで考えるのではなく、家族や友人などの周囲の人から意見をもらいながら紙に書き出してみてください。

書くことに悩んだら「人から褒められること」「よくやってしまう失敗」「いつも心掛けていること」を考えて、自分の特徴を書いてみるといいでしょう。

または、以下の特徴の中から自分に合うものを選んで、紙に書いてみてください。

<履歴書や面接で使える長所や特徴>
忍耐力 / 継続力 / 粘り強さ / 実行力 / 活動意欲 / 集中力 / ストレス耐性 / 行動力 / チャレンジ精神 / 成長意欲 / ポジティブ / 学ぶ意欲 / 度胸 / 本番に強い / 身体的なタフさ / 精神的なタフさ / 責任感 / 目標達成意欲 / 情熱 / 探究心 / 好奇心 / 変化への対応力 / 柔軟性 / 親しみやすさ / 気配り・ホスピタリティ / 先輩から可愛がられる / 素直さ / 誠実さ / 真面目さ / 約束を守る / 協調性 / チームワーク / 指導 / 育成力 / 周囲を巻き込み力 / わかりやすく伝える力 / 傾聴力 / 理解力 / 交渉力

長所と短所って自分だとよくわかんないっすね。友達に聞いてみます。特徴は「粘り強さ」「身体的なタフさ」「先輩から可愛がられる」あたりが自分に当てはまります。こうやって書いてみると、自分についての振り返りになりますね!

長所や短所をはっきりさせることができれば、多くの人が悩みがちな履歴書の「志望動機」欄を書く時に役立ちます。

「自分の●●や●●という長所を活かして、お店に貢献したい」と書くことが出来るからです。
志望動機の書き方もチェックしてみましょう。

>>>この3つを書けばOK!志望動機の書き方と例文

③経験から学んだことを説明する

最後のステップは、経験から学んだことを具体的なストーリーにして、自分の言葉で説明してみましょう。

言語化した自分の傾向や強みを整理するために、3つのポイントを押さえながら具体的なエピソードを交えて、「自分の特徴とはなにか」と「特徴が活かせた具体的な経験とは」、そして「その経験から得た学びとは」をまとめてみましょう。

<ポイント>
1.自分の特徴とはなにか
2.特徴が活かせた具体的な経験とは
3.その経験から得た学びとは

どんな些細なことでもいいので、自分の特徴を活かした経験を話せるようになれば、自信が持てるようになります。

あなたがこれまで行ってきた経験から、自分の強みを伝えられるようにしましょう。

自分の一番の長所は「身体的なタフさ」だと思っています。10年くらい風邪ひいたことないし、仕事を休んだことはほとんどありません。あとは「粘り強い」性格だと思います。最初のお店の料理長は厳しかったから同期はどんどん辞めたんですけど、自分は辞めずに続けました。あと、友達からは「お前は先輩に可愛がられるよな~」と言われることがありました。先輩から頼まれた仕事は断らないから便利なんでしょう。正直、めんどくさい時もありますけど、そういうのが自分の勉強になったりするので、今の自分に活きていると思います。

自分の経験を説明する準備をしておくと、面接で対策にもなります。

飲食業界の面接では、前職の退職理由を必ず聞かれるので、予め準備をしておきましょう。

>>>退職理由をポジティブに言い換えるコツと回答例

自己分析に役立つ自己診断サイト

自己分析に悩んでしまったら、ウェブ上の性格診断を使うと新しい発見があるかもしれません。

手軽にできる性格診断で、精度の高い結果を出してくれる性格分析を紹介します。

>>>50の質問に答えるだけ!「エコグラムによる性格診断」
>>>自分をつくる8つの性格「m-gram 超精密性格診断」
>>>自分を文房具に例えてみる「本当の自分発見!学びスタイル診断」

まとめ

自己分析をするための方法と、自己診断サイトについて紹介しました。

自分について説明できるようになれば、応募書類や面接でアピールしやすくなります。

失敗しない!転職活動はじめて講座

  • 転職の流れ
  • 自己分析の仕方
  • 面接の服装
  • 履歴書作成のポイント
  • 職務経歴書作成のポイント
  • 面接必勝マニュアル
  • 円満退社のコツ

自分がどんな職場に転職したいのか迷っているときには、飲食業界専門の求人サイト「飲食のお仕事」を利用しませんか?

求人情報に精通したキャリアアドバイザーに相談することもできるので、ぜひご活用ください!

The following two tabs change content below.
アバター

飲食のお仕事レシピ 編集部

飲食のお仕事は、飲食・調理のお仕事をしている人のための求人・転職サイトです。お役立ち情報をわかりやすくお届けします。編集部へのお問い合わせは、info@chourishi-shigoto.comまでどうぞ!▼Facebookはコチラ! 寄稿希望・取材依頼・お問い合わせなどございましたら、media@chourishi-shigoto.comまでどうぞ。
この記事をシェアする

飲食のお仕事では人気の保育園や幼稚園の求人をはじめ、式場や飲食店の求人を検索できます。

飲食のお仕事で求人を探す
飲食業界で働いているひとの自己分析の方法

この記事が気に入ったら
いいね!

最新記事をお届けします。